TIPS

2018.05.30

5月27日、弊社にて人体モデリング会「彫塑ロジュエ東京」が開催されました!

5月27日、弊社にて人体モデリング会「彫塑ロジュエ東京」が開催されました。

 

本日は2018年第2クール中2回目!

さて前回は新しくなっちゃったZBrushに古くなっちゃったマイノート(6~7年前の当時5万)がついについていけなくなりまして、全然作業が捗りませんでした・・・tt

 

そこで!買ってしまいましたsurface book 2 15inch版!15inch版はまだ今年の4月6日に発売したばかりの出来立てホヤホヤです!

グラボもGTX1060になりまして、大体GTX980と同等でスペック的にも文句なし、それでいて薄くて軽めの1.9kg、いよいよ来たかデザイナーが本格的にメインマシンを持って歩ける時代です!

購入にあわせて家のマシンも売り払いまして机も超すっきり!とても満足ではございますが1点問題が・・・

なんと・・・サーフェイスペンで右ドラッグできない・・・(マジすか

bamboo使えばいけるよ!と思うかもしれませんが、それは13inch版まででございます!15inch版は仕様が変わりましてbamboo使えません(ワコムに確認済み、ちなみに今のところ開発するか未定だそうです。多分するんじゃないかと予想していますが・・・)

というわけで15inch版は今のところ、ワコムペンタブあったほうがよいです。CGソフトは右ドラッグを使うソフトが多いですが、ソフトによっては必須です。

 

実際に使ってみますと劇的な変化が!6~7年前の5万パソコンと比べたらそりゃそーですわ^^;

さあもはやマシンのせいにはできません。結果を出すべし出すべし!

 

足のポリゴン感が痛々しいですが、足の粒度はそのまま顔のメッシュは分割できているのはいいですね!

このあたりはDynaメッシュではできないところです。

スカルプトリスモードに無理くりクレームを入れるとすると、粒度を荒く設定したときに、意図しないポリゴンの溝ができちゃうケースはありますが、うん、まぁ言いがかりに近いっす・・・

 

さて、今回のモデルさんは前回記事でも申し上げましたが独特な雰囲気をお持ちです。

それは髪のフォルムの影響が強いと予想しました。ウエーブがかかった髪質と、髪の毛全体のフォルムから受けるイメージが全体に及ぼす影響が強く、ここの攻略なくして独特な雰囲気は出ないはず!

と、いうことでいつもとはフローを変え、髪を先行して作っています。

何とか最後までには到達したいですね!

 

他の参加者様の粘土作品も一部ご紹介します!

 

 

同じモデルさんを作っても、これだけ個性が出るのはとても興味深いですね!

 

次回は6月24日、次回は主宰の渡邊 一翔さんがお仕事の都合でお休みされますが、初心者サポートはプロ造形師の西田さんがサポートしてくれます。初めての方も安心していらっしゃいませ!

もちろんZBrush使いもウェルカムですよろしくどうぞー!!

 

 

 

■彫塑ロジュエ東京

 

http://heiho20.wixsite.com/watanabeissho/blank-7