FILM / MOVIE

2018.08.17

「体操しようよ」予告編&本ビジュアル完成!!

 

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の豪快でお茶目な戦国武将、真田昌幸役でお茶の間を沸かせ、“昌幸ロス”なる現象が起きたほど話題を集めた草刈正雄

7年ぶり待望の最新主演作「体操しようよ」は38年間無遅刻無欠勤で勤め上げた60歳のシングルファーザー道太郎が、愛する一人娘からの「親離れ宣言」をきっかけに、ラジオ体操を通じて仲間作りに奮闘し、不器用ながらも家事に挑戦する姿に、笑って、泣いて、勇気と元気をもらえる幸せ感動作です。

 

その予告編と本ビジュアルがついに完成しました!

 
予告:
https://www.youtube.com/watch?v=MO5cJZLFIvs

 

 娘に促されて風呂掃除に洗濯など「はじめての家事」に挑戦し、地元のラジオ体操会で「地域デビュー」に奮闘する草刈のチャーミングな姿とともに、一人娘 弓子(木村文乃)との互いへの愛情/思いやりを素直に伝えられない不器用な父と娘の想いが切り取られている。また、つかまり立ちする赤ん坊の弓子のスケッチを眺め、雨が降る中とぼとぼと歩く姿などには涙がこぼれそうになる。

 その他、「今日もそこそこ元気に!」が口癖の体操会会長の神田(きたろう)や、道太郎の再就職先 便利屋の同僚・薫(渡辺大知 「黒猫チェルシー」)との牛の着ぐるみ姿などのユーモアあふれるシーン、体操会のマドンナで憧れの女性のぞみ(和久井映見)と一緒にラジオ体操し、嬉しそうな道太郎の姿も映し出されている。

また今回発表されるサブキャストとして、のぞみ親衛隊隊長で体操会副会長の徳井優、毎朝会うみどり役の片桐はいり、道太郎の妹役 余貴美子、便利屋の仕事で関わる小松政夫、道太郎の元上司 平泉成などの姿も。

 

そのほか、道太郎の部下 諏訪太朗や、体操会のメンバーでタクシー運転手の川瀬陽太、スナックのママ、山田真歩らの出演も今回解禁され、個性的で存在感溢れる俳優陣がドラマに厚みを出している。

 

 

 

 

主題歌はRCサクセション初期の名曲「体操しようよ」(忌野清志郎作詞・作曲)

RCサクセションが1980年に発売したアルバム「PLEASE」に収録されている「体操しようよ」は、ライブでもめったに演奏されなかったレアな楽曲。本映画「体操しようよ」の主題歌として、約40年の時を経て蘇ります!ほのぼのした曲調とまっすぐな歌詞が道太郎と娘、弓子の明るいこれからを想像させて、映画のしめくくりに余韻を残す。

 

 

(c)2018「体操しようよ」製作委員会 

11月9日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー

 

 

 

【ストーリー】

38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈正雄)。18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村文乃)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井映見)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚で天文マニアの馬場薫(渡辺大知)と、地域の人々の様々な依頼を不本意ながらも取り組むことに。何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。

 

出演:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知(黒猫チェルシー) 徳井優 諏訪太朗 川瀬陽太 山田真歩/片桐はいり 大島蓉子 稲川実代子 木村八重子 加藤満 菅野久夫 平澤宏々路 余貴美子 小松政夫 平泉成/和久井映見

監督:菊地健雄 脚本:和田清人、春藤忠温 音楽:野村卓史 主題歌:「体操しようよ」RCサクセション(ユニバーサル ミュージック)

 

配給:東急レクリエーション 企画:パレード 製作幹事・制作プロダクション:ポリゴンマジック

特別協賛:かんぽ生命 協賛:タニタ 長谷工シニアホールディングス 助成:文化庁文化芸術振興費補助金 撮影支援:千葉県 広報連携:東京都 特別協力:全国ラジオ体操連盟

製作:「体操しようよ」製作委員会(ポリゴンマジック パレード 東急レクリエーション 朝日新聞社 ハピネット 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ アサツー ディ・ケイ イオンエンターテイメント)

(c)2018「体操しようよ」製作委員会

公式サイト:http://taiso-movie.com/ 

 

 ラジオ体操制定90周年