TIPS

2018.10.11

9月22日&10月6日、弊社にて人体モデリング会「彫塑ロジュエ東京」が開催されました!

9月22日&10月6日、弊社にて人体モデリング会「彫塑ロジュエ東京」が開催されました!

日付が近かったので今回は記事合体してお送りいたします!(サボったワケではありません!サボった訳では・・・訳では・・・)

 

今回のモデル、モネさんですが!基本かっこいいボディーバランスをされているんですが!

なんか・・・毎回・・・カラダが・・・ち、ちが・・・う・・・?

う~む何か良く分からんのですけど、印象が違います。以下な感じ。

 

1回目:初見なので普通

2回目:あれ?やせた?

3回目:あれ?マッチョになった?

 

こちらは本人に聞いたところ

 

1回目:太ってた

2回目:ヤバイと思ってやせた

3回目:友達の勧めでHMBを使ってみた

 

HMBすげぇぇぇ!!あれですよあれ、まっちゃんの腹筋をバッキバキにした3-ヒドロキシイソ吉草酸です。

これだけ印象が違うとちょっち作りにくい気もするんですが・・・まぁ毎回かっこよくなっているから良し!

これも生体の醍醐味ですねーウンウン

 

3Dペンが幅を利かせている当セミナーですが、それでは3Dペン作品から!!

 

↑これすごいですよ!なんと骨をフレームに作っていくという製法です。

何やら体表を走るフィラメントが神経に見えなくも無く、これはこれですでに作品になっている気が・・・

この骨のフレームですが、主催者の渡邊一翔さんが研究に研究を重ねた「あるもの」から作ります。

知りたい方は是非セミナーまでいらっしゃいませー!!

 

↑こちらもすごいですね、なんという密度感・・・

そのフィラメントで体積を稼ぐ張り巡らし方も面白いものがあります!

3Dペン作品って言うと平面的ないし平面を曲げたものとかそんなのが多いんですが、こんなソリッドな作品を作ってるのって他で見たことありません。

3Dペンメーカー様のスポンサードお待ちしております

 

↑そしてワタクシZBrushですが、ダイナメッシュでやり直したのが前回9月22日

 

↑そして制作進行中!

何か今回はダメですわー捉えられません、雰囲気が出ない・・・

何でしょう?ポーズの違い?体系の違い?惑わされてる、いや腕の問題おーらいとぅっ!

次回がんばりまーす・・・

 

↑粘土組も材質バラエティーに富んでまいりましたっ!

スカルピーも見えますね!!

 

2D組!これは何?チョーク?銀筆?面白いですねー

 

制作方法がかなりバリエーションに富んできましたが、さらにここに参戦していただける新ジャンルクリエイター様もお待ちしております!

次回は11月10日(土)、人体の勉強をしたい方はぜひお越しくださいませ!お待ちしてますー!

 

 

 

 

 

■彫塑ロジュエ東京

 

http://heiho20.wixsite.com/watanabeissho/blank-7