APP

2014.11.21

リジェクトされまくって全カエルと開発者が泣いた!?あの『スネーク&フロッグス』がAppStoreでも配信開始。

iOS, AppStore, 24Apps, スネフロ

 

 

◆お腹を空かせたヘビは、ほどよく焼けたカエルがお好き!?

『スネーク&フロッグス』は指一本で簡単に操作できるアクションゲームです。七輪の上に落ちてくるモチカエルがちょうど良い焼き加減(赤く食べごろ)になったら、ヘビをタップして食べるゲームです。モチカエルはヘビの好物ですが、「生焼け」で食べると胸焼けし、逆に焼き過ぎてしまうとモチカエルが破裂し、ゲームオーバーとなります。

       

  

カエルがかわいそうですか?やさしい心をお持ちですね。

 

◆おすすめ①:全25種類のモチカエルを用意

 モチカエルは全部で25種類あります。色や模様によって、食べごろになるまでの焼き時間や、破裂するまでの時間が異なります。ゲームが進むにつれて徐々に難易度があがっていきます。完食(コンプリート)を目指して食べまくってください。

 


正直、虹色のカエルは嫌がらせです。

 

◆おすすめ②:ランキングで他ユーザーとスコアを競える

出来るだけ多くのモチカエルを食べましょう。食べたカエル数を他のユーザーとランキング形式で競い合えるようになっております。(ランキング機能は株式会社カヤック(http://www.kayac.com/) の Lobi ランキング SDK (https://lobi.co/rankingsdk) を利用しております。)

 

◆おすすめ③:録画機能搭載でプレイ実況が行える

プレイ実況録画機能の実装により、ユーザーは簡単な操作で、ゲームの実況配信が可能になります。録画されたプレイ動画は、YouTube、Twitter、LINE、Facebook、Lobi などのSNSへ簡単にシェアが可能で、『スネーク&フロッグス』を遊ぶユーザー同士で、攻略情報などのコミュニケーションがとれるようになります。またAndroid(TM)版では対応できなかったインカメラによる実況者の撮影が、iOS版では対応可能となります。(実況録画機能は株式会社カヤックの Lobi REC SDK (https://lobi.co/recsdk) を利用しております。)

                         

 

 

◆おすすめ④:SNSへのシェアで隠れキャラが利用可能

ヘビで食べるのに飽き始めたら、プレイ動画やリザルト画面をSNSへシェアしてください。シェアすることで隠れキャラによるプレイが可能になります。

 

  
え?見たい?じゃあシェアお願いします!!

 

◆ユーザーからの声

・易しいのは最初だけ。鬼畜ゲーですね。

※事前にテストプレイしていただいた方の声です。

 

◆こんな方におすすめ

・ちょっとした空き時間ができた方

・反射神経に自信がある方

・ストレス社会から解放されたい方     

・なんだかお腹が空いた方

・暇つぶしになる無料ゲームが大好きな方

・2chまとめが好きな方

・シュールなゲームが好きな方

・ゲームプレイ動画をFacebook,Twitterでシェアしたい方

・FlappyBird, Timberman のようなアクションゲームが好きな方

 

◆質問コーナー

Q.ほかの人のスコアが知りたい。

A.ランキング機能を設けておりますので、そちらからご確認いただけます。

 

Q.食べられるカエルがかわいそうなんですけど。

A.本当にやさしい心をお持ちですね。でも動物の世界は現実の世界と同様に、弱肉強食であることをご理解ください。

 

Q.難しすぎるんだけど...

A.あきらめないで頑張ってください。

 

◆『スネーク&フロッグス』の概要

アプリ名: スネーク&フロッグス ~弱肉強食・反射神経アクションゲーム~

価格: 無料

対応OS: iOSバージョン5.1以降

AppStore URL: https://itunes.apple.com/jp/app/id926690886

 

※Android 版は、2014年9月2日にリリースしております。

GooglePlay URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.polygonmagic.snakeandfrogs&hl=ja

 

◆『24Apps』の概要

「24Apps」はポリゴンマジック株式会社のスマートフォンアプリ専用ブランド名です。『すべてのアプリユーザーに自由を』(Free-2-play, 4 all app users.)を合言葉に、今後も様々なアプリを提供していく予定です。開発者自身も自由でありたいと切望しています。



プレスリリースはこちら